読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ。| ゲーム等雑記

ゲーム・アニメ・音楽などの感想をつらつらと書いています。

王宮のささやき プレイしてみた。【テーブルゲーム】

王宮のささやき

王宮のささやき

  • プレイ人数:3~5名
  • プレイ時間:45〜60分
  • 対象年齢 :10歳以上


パッケージの雰囲気に惹かれて興味を持ったゲーム。その時候補はいくつかあったのですが、店員さんにいろいろ聞いて面白そうだったので購入。

この会社の製品は、どちらかというと「王への請願」の方がいろんなところで見かける気がします。というかこのゲームの方が古いのかもしれないですが。パッケージの大きさ一緒、絵柄も似ているので同じゲームデザイナーなのかと思ったら違った。


裏面の説明に「自分に手番がまわってきてほしくない」とか書いてあるのでどういうこっちゃと思ったら、出したカードの色で次のカードを出せるプレイヤーが決まるのですね。

もちろん全部出せれば勝ちなので普通なら出番が回ってきて欲しいところなのですが、意外と揃わないところがミソ。同じカードを出した(出さないといけない状況になった)時点で負けな上、負けた人以外の人が勝ち点1を獲得するというルールなので、なるべく他の人を負けに導く方が勝利に近づいたり。


最初やったときはとにかくルールがめちゃくちゃ間違ったままやっていたので、死にまくるし時間短いし大変なことになってました。

それでも楽しい楽しい言いながら2時間くらいやってたからすごい。……いや、間違ったルール、結構エキサイティングなんだよ?ゲーム性間違ってるけど。


簡単なルール

最初の手札は6枚。そして6枚を密談場に出し切ったら勝ちです。密談場というのは自分の場ということ。プレイヤーごとに密談場があります。

手札が入れ替わることはあっても枚数が変わることはないです。密談場と手札合計で6枚。

そしてこのゲーム、勝ち条件もありますが、負け条件もあります。密談場に同じ種類のカードが出た時点で負け。初期手によっては絶望的な場合も……その時はいかに自分が標的にならないように気配を隠すか(´ー`)

6枚出し切って勝った場合は勝利者が1点獲得、重複して負けた場合は負けた人以外の人が1点獲得。何ラウンドか繰り返して、最終的に誰かが4〜6点(5人のとき4点、4人のとき5点、3人のとき6点)獲得したら終了です。


f:id:shimanagisa:20151114181603j:plain
カードには効果があり、密談場に出したカードの効果が発動します。

会計士:自分の手札を全員に見せる
魔法使い:他プレイヤー1人と手札を1枚以上交換する
メイド:手札を1枚捨て山札から1枚引く
執事:「密談場」のカード1枚を別の「密談場」のカード1枚と交換する
衛兵:自分の「密談場」からカード1枚を手札にもどす
将軍:「国王カード」をめくる
道化師:効果なし

「会計士」は単純にデメリットカードです。

「魔法使い」はすごく使いどころが難しくて、被ったカードあげればいいや!と思ってると、同じカードが複数枚きたりする。相手もいらないカードですからね。あとは後半になればなるほど、密談場に出ているカードを渡して手詰まりにさせたり。

要するに死ななきゃいいんです、このゲーム。自分の手札が悪かったら延命して他の人を先にリタイアさせればいいんです(`・ω・´)

そういう意味では「衛兵」は意外と延命できます。


もうひとつ、「将軍」を出した時に使うカードがありまして。それが「国王カード」。

国王カードは対応したカードの効果が封じられます。「会計士」が沈黙しているときは完全に出し得。ただし「道化師」だけは、カードを出すことができなくなるので注意。


f:id:shimanagisa:20151114181622j:plain
カードはそれぞれ各色1枚ずつと灰色が2枚ずつあります。メイドチョイスなのは特に意味はない。

参加人数で色数を決めて、最大5人まで。密談場に出したカードの色が、次の人になります。灰色の場合は、出した枚数の少ない人、つまり手札をいっぱい持ってる人が次のプレイヤー。

……これね、ここのルール間違ってやってたんですよね。手札の少ない人だと思ってて。出すと枚数減るから手番が回ってくるという……自ら死に近づいていくスタイル。

まぁ、これはこれで面白いですけど違います。


5人でやってると周りが自滅して終わるパターンが結構あります。かといって人数少ないと灰色の割合が多くなるので、意外と連続で出すのは難しい。


f:id:shimanagisa:20151114181633j:plain
初期の箱の状態は真ん中にだけ入るようになっていたのですが、スリーブに入れたら入りきらなくなったので、箱を改造。片側ちょん切って仕切りを作りました。元の状態は撮っておけばよかった( ´ - `)


結構考えるし誰でも楽しめる、取っつきやすいゲームだと思います。ゲームの終了までやると45分以上かかりますが、1ラウンドの時間自体は短いので、終了までの点数を減らして軽めにパパッとできるのもいいところです。

あと絵が可愛い。色ごとのマークが地味にアルファベットになってるんだよね。青がB(=Blue)、黄色がY(=Yellow)みたいな。凝ってる。