読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ。| ゲーム等雑記

ゲーム・アニメ・音楽などの感想をつらつらと書いています。

ペンギンパーティ プレイしてみた。【テーブルゲーム】

テーブルゲーム

  • プレイ人数:2~6名
  • プレイ時間:15分
  • 対象年齢 :6歳以上


以前、王宮のささやきを買った時に薦められたゲーム。その時は買わなかったのですが、やっぱり気になって後で買いに行きました。違うところで。ごめんよ。

さすが、薦めるだけあって面白いです。特にみんなでワイワイやるにはもってこいのゲーム。ルールは簡単で初めてでも理解するまでに時間がかからず、すぐできるのが魅力的。子供でもできますが、単純なように見えて結構奥深いゲームです。


あとは最高8段までいくので、結構場所を取るかも。


簡単なルール

f:id:shimanagisa:20161026153702j:plain
時計回りに1枚ずつカードを出して行きます。一番下の段は最高8枚。左右どちらにくっつけても構いません。

その上の段に置けるカードは、下の2枚の色のどちらかと同じ色です。黄色と赤が並んでいたら、そのどちらかを次の段の間に置けます。一番下が全部置き終わってなくても次の段に行ってOK。

上に置けるのは2色のうちどちらかなので、もちろん片方は潰れるわけです。隣のチャンスがないわけではないのですが、


  
  


となってしまうと、赤は手詰まりになってしまいます。写真だと早々に水色が埋まってますが……

なので、自分の持っていない色を早々に埋めて、自分の出せる可能性を広げていくという、意外とえげつないことになる(´ー`)

ちなみに写真では紫も1枚残っていますが、緑も黄色も出し切ってしまっているため、置くことができません。下にあるカードが片側だけでは出せない。


パスをした時点でゲームから脱落します。そのとき残っていた枚数がマイナス点。最初に出す人を順番にずらしていき、人数分回数をやったら終わり。マイナス点が少ない人の勝ちです。


自分が出したい色を一番下の段に置くのがよいのか、ってのは難しいところ。1周するまでにだいたい戦況が変わってしまっているので。むしろ手持ちのカードがバレて積極的に潰される可能性も。

とまぁ、ルール自体は簡単ですが、駆け引きは発生します。子供相手にはほどほどに(o・v・o)